夫婦間でもマンネリにならない方法

卑俗な話で恐縮ですが、私はまだ夫のオナラを聞いたことがありません。
新婚時代はとうに過ぎ去り、子どもがいても、夫にとっては「妻の前ですべきではないこと」なのです。

結婚後、次第に恋人から夫婦、そして家族へと関係が変化するにつれ、緊張感がなくなって、程よくリラックスした間柄になると思うのですが、夫はそれを良しとしないようです。

他にも、「互いの交友関係には踏み込まない」とか、「持ち物に勝手に触らない」とか、「些細な家事でもしてもらったらお礼を言う」「下着でウロウロしない」など、暗黙のルールがいくつかあって、友人に話すと少々他人行儀に過ぎないか?と言われます。

でも、これらの事柄はただの恋人同士なら当然のマナーだった気がします。
それを夫婦になったら全部無しにした方がいいのかは、人それぞれですが、我が家では継続事項。

これまで遠慮や慎み、感謝を忘れて失った恋愛を思うにつけ、夫婦間恋愛の賞味期限を延ばすためには必要なことかもしれません。
でも、これって当たり前のようですが、そうでもないみたいです。

心を許した仲だからというのは、男女の間での恥じらいを無くすのは、いかがなものかと思うわけです。
恥じらいを忘れると、男女の特徴すら無くなりますからね。
100年の恋も冷めるという言葉がある限りは、相手を気遣うことも必要です。

«
»