花火大会に浴衣はテキメン

花火大会は全国のいろいろな地域で開催されていますが、デートにはもってこいのイベントです。
その花火大会に彼氏と行くなら、面倒でも浴衣をおすすめします。

私の場合は、悲しいことに花火大会の時期に彼氏がいなかったので、男友達と一緒に行っていました。
なぜか学生時代から仲のいい男友達はきまってイケメンで、周りから怪しまれながらも、全くお互いに恋愛感情が生まれないことが多かったです。

その日もイケメンの男友達とアルバイトの後に花火大会に出かけました。
ものすごい人の波で、流に沿って歩かないと、押しつぶされそうです。

そんな中で気づいたことは、浴衣姿の彼女をエスコートする彼氏の自慢気な顔です。
彼女の浴衣の帯が崩れないように、片手でカバーしながら、歩く姿は自信に満ち溢れています。

彼女は浴衣姿に髪をアップにまとめ、うなじに遅れ髪を垂らしていました。
これにグッとこない男はいないでしょう。

本当の自分を出せなかった

今まで付き合った彼氏の中で、彼はちょっと違っていのだ。
なぜか、彼に嫌われるのがイヤで、私は本当の自分を出せずにいたのだ。

バージンじゃないのに、バージンだといってしまうは、タバコを吸うのに、彼氏の前では吸わない…など、ひたすら真面目な女を演技していたのだ。

彼氏は、とても真面目な人で私をとても大切にしてくれたのだ。
私がバージンだと信じ込み、私がOKというまでは、手を出さないからと言ってくれたりする人だったのだ。

そんなふうに言われると、余計に本当のことを言いだせなくて、嘘をついている自分がイヤで仕方がなかったのだ。
それに、いつまでも隠し通せるわけがなのである。

「いつかは、バレる」と思ったら、胸が張り裂けそうになるのだ。
でも、終わりはあっけなく、やってきたのだ。

そう、私が、友人達と遊んでいる姿を偶然、彼氏の友達が見てしまい、彼に言ったのだ。
全てがバレて、この恋は終わったのだ。

お気に入りのアダルト動画
お気に入りのアダルト動画が見つかる
フリーのAV動画も視聴可能な無修正動画集
dougahakkutsu.com/

«